So-net無料ブログ作成

Day 5 : Page to Monument Valley (Part3) モニュメントバレーへ [【一人旅】グランドキャニオンの旅]

ペイジの町を離れ、モニュメントバレーを目指します。

ROAD DIRECTION: 121MILES 2H18M
Page to Monument Valley


大きな地図で見る

12時半⇒14時半には到着。

どこまでもまっすぐな道

私の好きな岩に沢山囲まれています。(いつから岩マニアに・・・?)

岩に守られてる?

赤い、茶色い広大な岩を見てると落ち着くのは不思議。

モニュメントバレーまで20マイル

そういえば、お昼を食べるの忘れていました。(美しい風景でおなかが満たされているのかも?!)

だんだん岩の突起が出てきた

人の横顔に見えるような岩。長細い頭に、耳っぽく見えます。

人の横顔っぽい岩

徐々に近づくのが分かります。途中カーナビが壊れて焦りました!\(◎o◎)/!
ある意味、景色でたどり着けたから、なくても大丈夫だったかもね。。。
引き寄せてくれていたような気がします。

徐々に・・・あの景色に近づいてきた

ホテルの看板が見えた!右折します。

看板が見えた!

NAVAJO族の入口の看板が見えました。 ふもとに雪がうっすら残っています。

MONUMENT VALLEY看板

途中、ゲートがあり、そこで5ドル払います。
朗らかなインディアンのおじさん。
日本人と分かると、日本語のガイド(ヴァレードライブの説明書)をくれました。

車似合ってるよ!You match your car! なんて言われて嬉しかったです。

ホテルに到着。 うす茶色い建物。このホテルの建設の時に外観が周りと同化するように、
高い建物をたてないように、色々インディアンの方と話し合いがもたれたようです。

ホテルは、インディアンの方の雇用を促進。(オーナーがインディアンとのこと)
貧しかったインディアンの100名以上の職を生んだといわれています。

THE VIEW HOTEL

駐車場はガラ空き。繁忙期だといっぱいなんだろうなぁ~
にしても、どこにいても360度、ビュートが見えるのはすごい。

駐車場からビュートが見える

受付をしようとロビーへ行きます。

Lobbyへ

アーリーチェックインはできないんだって。。。残念。
15時過ぎたら来てくださいと言われました。

カーナビの件で、電話をしたかったので、
公衆電話あるか?と聞いてみると、
ここから先ほどの交差点を突っ切ってしばらく行くと、グロッサリーストアやGSがあるから
そこならあるということでした。
日本から持ってきた携帯電話がグランドキャニオンから全く通じないので、仕方ない。

10キロ戻って、電話をかけに行きます。

 

 

カーナビのやりとりの件は以前の記事に書いたので割愛します。。。

なかなか電話越しに、言葉がうまく伝わらずに苦闘しましたが、
その後、カーナビは復活したのでよしとしましょう。。。。
(電源ボタンを1分以上押し続けたら、復活!!その後も何度か電源が落ちましたが、
そのたびに押し続けると戻りました)

グロッサリーストアで買い物をしました。

私が現地でよく飲んでいたもの! 安い!これで99セントとは!\(◎o◎)/!

他にも種類がある

この、ARIZONAというTEAです。甘いですが、結構好きでよく飲んでました。
Green Teaベースで、日本人の口にも合います。
(パッケージがちょっと日本ぽい?)

ホテルに戻って、チェックインしました。15時半くらいならもう大丈夫のようです。
(本当は16時~だそうです)

ととのったお部屋

生活できちゃうかも・・・! 買ってきたものを冷蔵庫で保存したり、レンジでチンできたりします。
節約したい方はぜひ買いこんできてください。

電子レンジ、冷蔵庫完備

一人ではもったいないほどのお部屋でした。 洗面所、バスもとても清潔、綺麗です。
オーガニックの石鹸、シャンプーなどが置いてありました。

新しい キレイ!

[ひらめき]POINT[ひらめき]> 

部屋はどうせなら、受付からちょっと遠い部屋のほうがお勧めです。

というのは、近すぎるとビュートの写真に、建物が写りこんでしまうからです。

こんな風に・・・↓ 左側にレストランが入ってしまいますが、遠い部屋だと綺麗に映ると思う。

左側のレストランが入ります。

私は205号室でしたが、確かワンフロア30部屋くらいあります。(201-230くらい?)

なので番号が大きい部屋ほど、受付やレストランの建物から離れられて

より美しい景色が見られると思います。

手前が番号の小さい部屋

暖かい時期なら外で食事、カフェもできます。寒いから誰もいないけど・・・。

暖かかったら外で食べれるね

このカフェテリアからでも十分素敵な光景が見られます。 
この広大な荒野。アメリカと言えば・・・この風景。 
目の前に、こんな光景があるだけでうっとりというより、信じられない!!

やっぱこれだね

トイレでたまたま出会ったおばさん、日本人でした。
『今はカリフォルニアに住んでいて、
息子がカイエンタの町のガバメントに勤めてるから、遊びに来たの。
あなた日本から?一人なの?!すごいわ~~ 勇敢ですね!
バレードライブ、走ってきたけど、あそこは、もっと近くで見られていいわよ。』
という情報を得られた。

せっかくなので、日が暮れる前にバレードライブを運転します!
未舗装道路は、レンタカーは保険が下りないということを覚悟の上で出発しました。

ゆっくり走れば大丈夫。ごつごつしてるけど・・・ 普通車もどんどん入って行きます。
この車は普通車よりちょっとでかいから多分いけるでしょ!ってことで・・・・

ツアーは50ドル以上かかるし時間も決まってるからね!

さあ出発!

どうせなら自分の目で、ゆっくりと確かめたかったし。
好きなところに、好きなだけ時間を費やしたいから。。。

ボコボコ・・・

私の一番好きなビュート。 レフトミトン・・・West Mitten Butte.

West Mitton Butte

右側大きいのがメリックビュート。奥がライトミトン・・・East Mitten Butte.

Merrick Butte, East Mitten Butte

インディアンジュエリーを売ってます。 結構ポイントごとに売ってました。

赤い土最高~!(笑)

だんだんと日が暮れてきます。

Merrick Butte

ビュートというのは、単一で孤立して出ている岩。
メサというのはもう少し大きく、平らな続いている岩のようです。

スリーシスターズが見えてきました。

スリーシスターズ

日が暮れてきて、土が真っ赤になってきました。

真っ赤に染まる大地

John Ford's Point 風で砂が舞い上がって西部劇みたい

ジョンフォードポイント

ここで馬のツアーに参加できるようです。

馬のツアーあります

ちょうど、ここで写真を撮ってもらいました。

白人の男性で、なんと学校の先生だそうです。

モニュメントバレーに住んでいて、
もうすぐできるヒーリングスクールの校長らしい。

『あのグロッサリーストアのすぐそばにガソリンスタンドあっただろ?
その向こう側に学校を建設しているのさ。』

私がアメリカ市民だったら絶対に行くのに~!!と思っていたら

インディアンのためのヒーリングスクールとのことでした。

インディアンは今いろんな問題を抱えている。
糖尿病や、肥満、ストレスなど、現代病のようなもの。
それを解決するための学校なんだって。 

すごい・・・やはり、生活が現代化してくると、
インディアンも現代病を持つようになってきたんだろうね。
便利さの弊害というか・・・

 

真っ赤に暮れる夕陽が大地を染めます

真っ赤なビュート

あまりの美しさに息をのみました。静寂。この空間にずっといられたらいいのになって思いました。

3-P1010697.jpg

3-P1010698.jpg

真っ赤です。夕陽を見られて本当によかった。

そして、初めて行ったけど、初めてという気がしない、

なんとなく自分が呼ばれて、引き寄せられてここにきたんだなという気もしました。

夜になると急激に気温が落ちます。

ホテルへ戻ります。

オレンジ色のやわらかい光が部屋を包みます。

煙突にはインデイアンの人形

右下の台がホテルの受付です。

ホテルの受付

いろんな調度品が置かれていて、なごみます。

カウボーイ!

暖炉に火が入りました。

火が入った

受付の人に、レストラン行ってみたいけど、値段たかいかな?と聞いてみました。

すると、そんなには高くないわ。I think it's quite fair.(公正プライスと思うけど)

メニューあるから見てみる?と言われて、しばし読書。

そんなに高くない! 大体10-20ドルほどでした。ステーキとかは高いけどね。

行ってみることに。 席はどこでもいいから座ってと言われました。

落ち着いた店内

私はシチューと揚げパンというものにしました。
結構スパイシーで、豚肉とくるみ?豆みたいなのが入っていて、食べ応え十分。
半分以上残してしまいました・・・ 持ち帰りできない。
この、くまのはちみつがメチャクチャ美味しい!!Desert Blossomという種類。
スーパーで探したけど見つからなかった・・・。

カプチーノに砂糖を入れて、
『小さいスプーンないから下さい』というと、
It's already sweeten...甘くなってるよ・・って! 先に言ってくださいよ・・・(ToT)
歯が溶けるほど甘すぎるカプチーノ[喫茶店] 

量多すぎだってば!\(◎o◎)/!

おなかいっぱいだよ~・・・ 揚げパンがおいしかった!

後から聞くと、『ナバホタコ』というものが有名らしくてそれにすればよかったかな・・・?

丸い揚げパンの上に、キャベツ、トマトなどの野菜がのった、ピリカラの地元名物料理らしい。

ナバホ族の居住区ではアルコールは禁止。

ビール、ワインもありましたがノンアルコールでした。 

 

そして疲れ果てて・・・眠りにつきます。

次の日は日の出と、ヴァレードライブの続き(27キロの未舗装道路 2.5時間)

そしてセドナへ向かいます。毎日結構ハードよ。。。

続きます。

★★よかったら応援ポチお願いします★★
[左斜め下] [左斜め下] [左斜め下]
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 4

とみっち

ホテルからの眺めすごいですね☆
ほんと映画の中に出てきそうな景色ですね^^
インディアンたちが馬に乗って走ってきそう(笑)
乗られてるレンタカーも風景に合っていてカッコいいですね☆
次の目的地のセドナっていうと
最近よく聞くパワースポットで有名なところですよね☆
by とみっち (2011-02-17 20:12) 

チーズどら焼き

>とみっちさん、
ご訪問ありがとうございます。
ほんと、ホテルからも絶景、バレードライブも信じられない世界でした。
グランドキャニオンに比べたら、こちらは・・・格段にすごかったです!

レンタカー、この車にしてよかったと思ってます!(^o^)丿
毎日、よく走ってくれたし、4か月の新車でした。

インディアンが馬に乗って・・・
見てみたいですねぇ~(*^_^*) 
きっと、車がない時代はそうだったのでしょう。


セドナ・・・またまた魅惑的な町です。
町全体がパワースポット的な感じ。
by チーズどら焼き (2011-02-17 21:56) 

香歩

私が訪れた10年ほど前は、こんな立派なホテルなかったんです。いいですね~是非泊まってみたいです。
すっかり岩ラバーになられたようですね。ワカルわ~《^^》
夕陽綺麗は岩を赤くしてくれていいですね。
朝日も綺麗だったのでしょうね。
次も楽しみにしています。応援ポチ☆
by 香歩 (2011-02-18 15:06) 

チーズどら焼き

☆香歩さん
ありがとうございます!
このホテル THE VIEW HOTELといって2008年末にできたらしいです。
ホテル、お勧めです!!!
一晩120ドルくらいです。TAX込。

岩ラバー(笑)です!
アメリカにはこういう自然豊かな場所があって、
こころも豊かになれそうですね!
同じ地球上とは思えないくらい。日本ではない光景でした。
朝日、夕陽とともに、とても美しかったです。
雲があって幻想的になりました。

by チーズどら焼き (2011-02-19 17:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。